TOP > 症状別メニュー

症状別メニュー

首・肩の痛み

首・肩こりのイメージ

慢性的な首・肩こりで悩んでいらっしゃる方は、腰や背中の骨に歪みがある可能性があります。

歪みがある状態でこりをほぐしても一時的にしかよくなりませんので、根本原因の歪みを矯正する必要があります。長い間スポーツを行っている人や以前交通事故で首を痛めたことがある人は、骨が歪んでいる可能性が高いので一度ご相談下さい。

肘の痛み

肘の痛みのイメージ

野球やゴルフなどスポーツをされている人に多く、テニスのバックハンド打ちなど肘を使う動作を繰り返し行っていると、筋肉にストレスが溜まり、炎症を伴う痛みが現れることが多いです。
フォームの改善や、スポーツ前の柔軟をすることで症状を現れにくくすることが期待できます。
一度でも症状が現れた人はくせになっている可能性がありますので、早めに診察を受けることが大切です。

膝の痛み

膝の痛みのイメージ

膝の痛みで多いのが、お年寄りの方の関節痛です。階段の上り下りや屈伸する時に痛みを感じたり、ひどい場合には歩くことさえ困難になります。

膝は体重を支える重要な部分なので、一時的な痛みだと思って放っておくと、慢性化してしまい治療に時間がかかってしまいますので、症状が現れたら早めに治療を開始しましょう。

頭痛・めまい

頭痛・めまいのイメージ

病院などで診察を行っても異常が見当たらない場合は、骨盤の歪みが原因で症状伴っている可能性もあります。

骨盤の歪みがあると、頭痛やめまいの他にも、耳鳴りや吐き気などの症状も伴うことがありますので、一度当院までご相談下さい。

腰の痛み・坐骨神経痛・ギックリ腰

腰痛・坐骨神経痛・ギックリ腰のイメージ

腰痛には、慢性的なものと、ぎっくり腰などの急性的なものがあります。
疲労の蓄積からなると言われているぎっくり腰は、動けなくなりますので発症後3日間はストレッチや軽い体操などもせずに、絶対安静にして下さい。

どんな症状でも同じことがいえますが、慢性的な腰の痛みには根本の原因を改善する必要があります。生活習慣を見直したり、骨盤の歪みを矯正したり、1人1人の症状に合わせて原因を突き止め改善することが大切です。

むち打ち症

むち打ち症のイメージ

むち打ち症になる原因のほとんどが、自動車での追突事故です。衝突された衝撃により、首の関節が前後に大きく揺さぶられたことが原因でねんざを起こすことをむち打ち症と言います。

むちのように首がしなって発症することからこの名称で呼ばれていますが、正式名称は「頸椎捻挫症」と言います。
後から痛みが出てくる場合がありますので、事故直後に痛みが出てこなくても注意が必要です。また、レントゲンでは異常がみられないケースも多いので、少しでも違和感がある場合は早めにご相談下さい。

*保険による治療と自費による治療がございます。
詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい